すべり台を寄付

シェアする

うちでしばらく使わないで押入れで眠っていたプラスチック製のすべり台(Little Tikes)を、パンダ君が通っている北部地域療育センターに寄付しました。
suberidai.jpg
このすべり台、もとをたどれば、パンダ君の生まれる前、1999年に我家は海外赴任していました。赴任先のご近所の日本人のご家族が日本帰国するときに、その家族から35ドルほどで買いました。いわゆる、ムービングセールですね。我家が帰国するときには、他の人に売ったり譲ったりはしないで、日本に持って帰っていました。
パンダ君も大きくなったので、1~2年ほどは押入れの中にあった、すべり台。先月、北部療育センターの外来待合室に同じすべり台があるのを発見しました。そして、センターに「同じものが我家にあるのですけれど、寄付しましょうか?」申し出て、今日もっていって寄付になりました。
30093036.JPG
こちら、北部療育センター内の遊戯室です。(外来待合室とは、また別です)
30092646.JPG
このすべり台、分解するとこんな様子になります。
30092627.JPG

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする