絵カードの標準化作戦の第一歩

シェアする

我が家でも絵カードを使っています。3年ほど前から。大きさはL版が多いのですが、まちまち。大量に作り直そうと思ってます。
効率よく作るには、規格を定めて標準化するのがいいと思います。
絵カードのサイズ、絵カードを使うもののサイズ、台紙、ラミネータ、製造方法、ソフト、素材コンテンツ、既に販売されている絵カード、などを調べてみようと思います。
販売されている絵カード
ピラミッド教育コンサルタントジャパン株式会社
PECS151+α(大) → 45×45mm
PECS151+α(小) → 25×25mm
ラミネート用フィルム
明光商会
IDカード → 57×82mm
一般カード類 → 60×90mm
名刺判 → 60×95mm
定期券 → 65×95mm
診察券 → 70×100mm
写真サービス判 →  90×126mm
(「パウチ」という言葉を今も使っています。おそらく商標を持っているのでしょう。パウッチ子をはやらせたのがこの会社だと思う)
アスカ
IDカード → 57×82mm
一般カード → 60×90mm
名刺 → 60×95mm
定期券 → 65×95mm
カード → 68×99mm
写真サービス判 →  95×135mm
(アマゾンで「お急ぎ便」で買えます。翌日には手元に届きます。)
57mmより小さいラミネート用フィルムは無いようです。
台紙
エーワン
51751 パソコンで手作り絵カード → 45×45mm
31551 マルチプリンタラベル → 40×40mm
31553  マルチプリンタラベル → 30×30mm
31555  マルチプリンタラベル → 20×20mm
29703 手作りもこもこシール → 25×25mm
(51751は、PECSの日本法人、ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社が監修した商品です。A4サイズの台紙に、マイクロミシン目が入っており、手だけで切り離せます。マルチプリンタラベルは、シールで、本来の用途はQRコード用です。正方形のものだけを選んでみました。)
文字の位置
文字が上 : PECSの絵カード、そらまめ式
文字が下 : エーワン51751のサンプル。
もっとも加工が面倒そうなのは、ラミネータ処理の後のハサミで大きさを整える工程だと思う。だから、市販のラミネーター用フィルムのサイズが効いてくるみたいね。どこのラミネーター屋も特注には応じてくれるようだが、特注は長続きしないのでパス。
フィルムサイズとしては60mmか57mmが適当のようだ。長い部分はハサミで切る。60mmにするか57mmにするかは、カードを入れるところとか張るところの制約から決まるんだけど、小さいほうが融通がききそう。57mmが本命だろう。今日のところは。

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする