「行動分析学マネジメント」を読んだ

シェアする

この間、杉山尚子著の「行動分析学入門」を読んで、だんだん行動分析学というのが面白くなってきたので、もう一冊読んでいました。それが「行動分析学マネジメント」
この本は自閉症児養育のためのABA(応用行動分析学)じゃなくて、普通の会社での組織マネジメントを論じた本です。それはそれで、私の普段の仕事に使えそうなので、仕事に使おうとして読みました。

著者: 舞田竜宣 /杉山尚子
出版社: 日本経済新聞出版社
サイズ: 単行本
ページ数: 339p
発行年月: 2008年12月
この本16章の構成で、1章ごとに会社でおきる物語と、行動分析学的解析とで出来上がっています。物語を使って、方法論を解説する本は最近の流行りなんでしょうね。マーケティング系の本でも物語を使った講座本を最近読みました。
物語形式なので、面白く、飽きないで、読んでいくことができます。基本的には、行動随伴性を用いて、増やしたい行動を増やす、減らしたい行動を減らす。 物事何でもそうだと追いますけど、増やしたい行動を増やすことができれば、苦労はしない。いままで「そんなことができれば、苦労はしない」とか「それを何とかするのが使命だ」とか精神論に行きがちなところを、行動分析学では科学的に、かつ人格の責任に押し付けることなく、行動の頻度を変えようとします。
3章ほど読んだところで、行動分析学のテクニックを、会社のミーティングで使ってみました。まあ、本に出ていたとおりには行かないですけど、結構いけそうだなという実感はありましたね。
増やしたい行動を科学的に増やすことができれば、いろんな応用が可能なので、ワクワクします。
自閉症療育から、少々離れているようなので、次読む本は、自閉症寄りに戻したいと思います。

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする