発達障害児向けの絵カードの作り方

試行錯誤から、そろそろ安定してきたので、絵カードの作り方を紹介します。

P1040612.JPG

絵カードのサイズを
大: 45mm x 45mm
中: 35mm x 35mm
小: 25mm x 25mm
とします。
カードサイズは正確である必要はありません。
絵カードのサイズを定義することは、作る人の間で作り方や材料調達の情報交換が進むので、とても良いことだと思っています。

我が家の主カードは、サイズ小です。世の中ではサイズ中の大きさが最も利用されていると、私は思っているので、ここではサイズ中で説明します。

準備するもの
・ラミネータ
・光沢紙(L版)
・ラミネータ用フィルム(L版)
・角丸ハサミ
・強力両面テープ
・マジックテープ

手元にない場合、ネットで買えるように記事の最後にリンクをつけておきました。

前提として
・パソコン
・プリンター
・デジカメ
は使えるものとします。

1.ソフトで絵カードのデータを作る。

ソフトには、「エクセル」を使います。ほとんどの皆さんのパソコンには入っていると思います。また、印刷用紙の大きさは、写真のL版にしました。(以前A4で試したこともありました。最初にたくさんカードを作るときにはA4でもいいのですが、カードって継続的に少しづつ作っていくものなので、用紙の大きさとしては、小さくて手に入りやすいものを選んだ結果、L版になりました。)

L版にサイズ中(35mm x 35mm)のカードを印刷すると、2x3=6枚が一度に印刷できます。
(ソフトもいくつかやってみました。エーワンのフリーソフト「ラベル屋さんHOME」も試した。今はエクセルを使うことにしました。)

エクセルで、台紙(L版)を定義したシートを公開します。
pcard_spec_2009_06.xls
このエクセルに、サイズ大中小と文字(キャプション)を上にしたもの下にしたものそれぞれのシートがあります。必要なシートをコピーして使ってください。

ただし、サイズの誤差がでます。エクセルはお絵かきソフトじゃないので、PCの画面サイズやプリンターの選択によって、実際の長さが異なってくるらしいです。誤差が気になる人は、シートの幅と高さを実測してから変えてみてください。ちなみに私の環境で、小カードは23mm に、中カードは32mmの長さに印刷されました。両方とも約10%小さく印刷されています。

それくらいの誤差は気にしないで行きましょう。

この写真が、サイズ中、文字下のシートに写真を張って、テキストを入力したものです。
P1040590.JPG

エクセルの機能を普通に使って、図を挿入して大きさを整えて位置合わせする。そして、文字を入力する。
文字キャプションが上の物と下の物を用意しています。お子様の認知レベルに合わせて上と下を使い分けて下さい。文字認識レベルが低いときは文字は下にしておくそうです。(理由は聞かされたが、、、、、よくわからない)


2.プリンターに印刷する。

プリンターに光沢紙(L版)をセットします。
エクセルからプリントしますが、プリンターの設定をしてくださいね。写真画質で印刷します。

P1040592.JPG

3.ラミネートする。

その前に何もしないで、光沢紙を乾かします。
(印刷してすぐにフィルムに挟んで、紙がずれたりすると、インクがニジムことがあります。)

光沢紙を切り離さないで、そのまま、Lサイズのラミネート用フィルムにはさみます。
P1040593.JPG

そして、ラミネータに通します。

P1040594.JPG


4.カッティング

ハサミを使って、ラミネートしたカードを切り離します。
(紙を絵カードの大きさに切り離してから、ラミネータにかけたこともありましあ。その場合は、紙をカットする工程と、ラミネータをカットする工程が入ります。挟み入れを後にすると、挟み入れの回数が3分の1で済み楽です。そして、強度的にも問題は無いようでした。)

P1040595.JPG

その次に、カードの角を丸く落とします。
P1040596.JPG

あと少しで、出来上がりです。

5.マジックテープをつける。

ここで重要、マジックテープのどっちをカード側につけるか?
マジックテープにはフック面とループ面の2面があります。いろいろな言い方をされ、フック面/雄面/A面、ループ面/雌面/B面なんです。
結局ですが、私の知り合いはみんな、カード側にループ面をつけていました。

トゲトゲしているのがフック面で、ふさふさしているのがループ面です。

マジックテープに両面テープを張り付けてから、所望の長さにマジックテープをカットします。
そしてそのマジックテープの小片をカード裏面に張り付ける。

出来上がりがこの写真。
P1040597.JPG

カード自体には厚み張りませんが、マジックテープ部分があるため、カードが拾いにくいということはなさそうです。(それでも厚みのあるカードが必要なお子さんもいると思いますので、厚みのあるカードの作り方は次回にします。)


調達情報:
Amazonプライムに入っておくと非常に便利です。年間3,900円を払っておけば、翌日までに届けてもらえます。安い物を買っても送料がかからない。一人がAmazonプライムに入れば、家族3人まで追加料金なし。

・ラミネータ
・光沢紙(L版)
・ラミネータ用フィルム(L版)
・角丸ハサミ
・強力両面テープ
・マジックテープ

安心安価に調達できるものを探してみました。

アスカ Asmix ラミネーター L1110E A6サイズアスカ Asmix ラミネーター L1110E A6サイズ

価格:¥6,300 → ¥3,180
Amazon プライム


FUJIFILM インクジェットペーパー超光沢紙 厚手L (89x127)100枚入り WPL100PROFUJIFILM インクジェットペーパー超光沢紙 厚手L (89x127)100枚入り WPL100PRO

価格:¥1,480
Amazon プライム


アスカ Asmix ラミネーター専用フィルム 120枚写真サービス判用 BH206アスカ Asmix ラミネーター専用フィルム 120枚写真サービス判用 BH206
価格:¥1,575 → ¥1,149
Amazon プライム


KING JIM ラベルライタ- トリマ- RT36WKING JIM ラベルライタ- トリマ- RT36W

価格:¥1,995 → ¥1,617
Amazon プライム


ナイスタック NW-K15 強力タイプナイスタック NW-K15 強力タイプ

価格:¥525


お買い得 クラレ マジックテープ普通タイプ縫付25mm×5m雄雌白黒1反

価格:¥2,625

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pandanote.jp/mt6/mt-tb.cgi/71

コメント(1)

1ヵ月半後に、この方法では耐久性が低いことが判明しました。
この方法は作成方法が楽でした。ハサミを入れるのはラミネートした後の1回だけ。
しかし、使っていると縁から上下のラミネータがはがれ始めます。パンダ君はこの絵カードを舐めたり口に入れたりして、縁から水分が入ります。よく使っているカードは1ヵ月くらいで、はがれ始めました。

新しい、絵カードは、縁を残す通常のラミネート方式で作っています。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.2

この記事について

このページは、パンダパパこばやしが2009年6月14日 16:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「安定した絵カードを作るのは難しい」です。

次の記事は「自閉症児向け絵カードのデータを見つけよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。