たすくの療育に行く

シェアする

月に2回、鎌倉のたすくに通っているパンダ君。いつもはパンダママとパンダ君で通ってます。今日は、海の日の祝日でパンダパパはお休み、パンダ君のお兄ちゃんは夏休み突入。
そんなこんなで、今日は私も一緒に、鎌倉のたすくに行きました。
P1040771.JPG
パンダ君を中心に、先生が2人。前の先生がパンダ君に指示を出します。後ろの先生が、全体のサポートと必要な時にパンダ君を後ろから手を取ってプロンプトします。
その横で、パンダママ、今日はパンダパパも、療育を見ながら、ノートにチェック。小冊子にチェック。この小冊子が画期的。(なんて呼べばいいのかこの小冊子。タスクのメソッドと機能的な目標『自閉症スペクトラム』モデル ~豊かな生活の実現のために~  題が長い!?) 早い話、シラバスとチェックリスト。療育において、半年くらいの期間で、目標や実行計画を定めたものは、見てきたけど、生徒1人対して指導者2人がつく形での、療育が計画的になったものに接するのは初めて。
しかし、今日は暑かった。
そして今日は、お兄ちゃんも同行。目的はニンテンドーDSで遊ぶこと?! 一時間半、ずっとゲームしてました。
P1040773.JPG

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする