どんな絵カードを使っているか教えて下さい。目標は100人分。

シェアする

夏休みに療育関係に精を出している、パンダパパです。
全国の力で、絵カード画像データ3000種を作るどでかくワクワクする企画の、小さな小さな一歩をスタートさせました。最初の賛同者は3人くらい:-)
最初のステップは、みなさんのお子さんがどんな絵カードを使っているかを知ることです。使われない絵カード画像作っても無駄ですよね。人気のカードを調べるのがステップ1。100人分のデータを集めるのが目標です。
現在6人分集まりました。なかなか面白い集計です。(後ほど)
調査の対象は、最もよく使っている絵カードブック1冊、の中に入っている絵カード、とします。絵カードの素材は、絵、イラスト、写真なども含みます。
1人目はパンダ君:65種類ありました。
ありもと先生、ダディ、てづか先生、はな先生、ママ、
みずのせんせい、×、①ねる、②はみがき、③きかいのはブラシ、④そうじ、⑤うがい、DVDプレーヤー、PECS、アップルジュース、ありもと医院、イケア、いんちょう先生、おうち、大きいコップ、おおせんせい、おっとっと、おふろ、かきのたね、ガソリンスタンド、きがえ、キリ、くさぶえ、ください、くつ、じゃがりこ、しょうゆヌードル、たすく、たまごスープ、小さいコップ、チキンナゲット、てあらい、できました、てつだって、テレビリモコン、トイレ、ナポリタン、はいしゃ、パイナップル、バス、パックひらき、フィットケアデポー、ぶどう、プリン、ベッド、べんきょう、ほうたい、ほうたい1ぽん、ほうたい2ほん、ポッキー、マカロニサラダ、まちあいしつ、松田クリニック、水あそび、やっきょく、ライフ薬局、りゅっく、冷凍ごはん、レントゲン、わかば薬局


この調査の狙いは、次の二つの記事でもっとよくわかると思います。
自閉症児の療育に集合知を利用しよう (1)
自閉症児の療育に集合知を利用しよう (2)
さて、6人分の集計結果の概略は次のようでした。
・平均70種類の絵カードを使っています。(1冊のブックに同じカードが何枚かある)
・6人の共通が多いのは
 てつだって 5人
 できました 4人
・3人が使っているカードは 13種類
 お母さん、お父さん、じゃがりこ、おふろ、のり、はさみ、バス、ポッキー、ごはん、トイレ、(数字の)1、(数字の)2、(数字の)3。
・2人が使っているカードは 18種類
1人しか使っていないカードが 334種類
思ったとおりの偏り。というより、思った以上のロングテールになっています。
沢山のデータを集めることにますます意義を感じる私です。
お願い★ 10分程度のご協力を!
お子さんの絵カードブックでどんな絵カードが使われているかを、こちらのアンケートフォームで教えてください。集計します。
絵カードブックは最もよく使っている1冊とします。絵カードの素材は絵、イラスト、写真などを含みます。
他の集計方法も考えたのですが、共通する絵カードが少ないので○×式やプルダウンでの入力依頼はあきらめました。絵カードブックを横に持ってきて、ただ単に絵カードの文字をタイプしてもらうのが、最も簡単な方法のようです。
(追記: 絵カードを並べて、デジカメで映して、その写真を送ってもらっても構いません。送り先は、mail.png にお願いします。)
「私のうちの絵カードブックは参考にならない」とは思わないでください。1人分だけでは参考になりません。1人1人の特注ですからね。たくさん集めると、どのカードが多くの人に必要で、どのカードが1人だけに必要かがわかります。その時にあなたの絵カードブックの情報が入っていなかったら?いつまでたっても一人で苦労してカードを作る日々は変わりません。
目標は100人分です。現在6人分まで集めました。あと94人分が目標です。
みなさまのご協力が頼りです。
集まったら、集計してお知らせします。
こちらのアンケートフォームで教えてください。

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする

コメント

  1. こばやし より:

    現在11件集まりました。あと、89件です。
    11件での集計では、(人物は除く)
    1位 ください (8人)
    2位 できました (6人)
    2位 じゃがりこ (6人)
    4位 トイレ (5人)
    4位 ごはん (5人)
    4位 のり (5人)
    4位 (数字の)1 (5人)
    4位 (数字の)2 (5人)
    4位 (数字の)3 (5人)
    そして1人しか使っていない絵カードが、499種類でした。
    みなさまのご協力が頼りですので、よろしくお願いします。

  2. 本郷 より:

    こんばんは♪
    物凄い作業をコツコツとなさっている姿に頭が下がりますm(--)m
    アンケートにお声掛け頂きありがとうございます。
    我が家は高機能タイプ。
    言葉は沢山ありますが、PECSは言葉があるお子さんにも有効だと思い、今年に服巻先生から2DAYセミナーを受講しました。
    使い始めで、ブックにある絵カードの枚数は圧倒的に少ないかもしれませんが、お役に立てればうれしいです(^^)
    頑張ってください!!

  3. こばやし より:

    本郷さん、声援ありがとう。
    集計は単純作業ですからまあ、それなりですよ。少しづつだけどデータは増えています。時間がかかっても、へったり無駄になったりはしないので、ひとつつづ増やすだけです。
    枚数が少ないから重要でないことは決してありませんよ。それが実態だとしたら、実態にそくするような絵カードの入手が容易になることを目指してます。
    一人一人のデータが、みんなの役にたちます。

  4. https://me.yahoo.co.jp/a/CdQEB.l7KZFx8HyQs1BW60KKWl.IBDdiRshzp5N6#46a4a より:

    ブログへお越しくださりありがとうございました。
    種類は多くても使いこなせていないのが現状でしょうか・・・。
    あの他に「ことばの絵カード辞典」とタイトルしたサブブックがもう一冊あって、その他に携帯用スケジュールに使用する行き先や行動の絵カードもあります。
    小学2年生の時に服巻智子先生にTEACCHを教わってから、小学4年生で服巻繁先生にPECSを、現在中学3年ですから、キャリアだけは長いので、カードの数も多いのかもしれません。f(^ー^;

  5. こばやし より:

    うちでも種類だけはたくさんあります。使い始めた5歳くらいのことは、まだ写真カードって感じで、大きくて不揃いだった。たすくに通うようになってから、PECS的な絵カードに切り替え。1枚だけ作るのは効率が悪すぎるので1回作ると数種類を何個か作ることになって。だから、ストックブックに未使用で人気のないカードがドサッっと張ってあります。パンダ君は、メインの絵カードブックに目指す絵カードがないと、ストックブックを引っ張り出しているようです。

  6. こばやし より:

    ご協力いただいた方、ありがとう!
    16件になりました。あと84件です。
    絵カードの利用実態の収集も第2週目はペースが落ちてきました。平均1日1件の収集ペースで進めれば、2か月程で100件の目標達成できるのです。
    とりまとめ的な人に協力いただかないと、収集ペースがガタ落ちになりそうです。
    まだアンケートにお答え頂いていない方、ぜひ協力ください。

  7. こんにちは。 より:

    SNSでときどき登場させてもらっています、ようちゃんの母です。
    すごいプロみたいなブログ、びっくりしました。
    また、お邪魔させていただきますね^^

  8. こばやし より:

    ようちゃんのママさん、こんにちは。
    まぁまぁ、プロだなんて、照れるなぁ。ブログにプロもアマも関係ないですし、、、何とかスペクトラム、、、ブログで書きたいことを書いて、コミュニケーションを楽しんでます。
    お気軽に、コメントくださいまし。

  9. ja12c より:

    はじめまして、ブログに書き込みをいただいたのでリンクをたどってきました。
    どんな絵カードを使っているか…現在は使っていません。
    PECSのような使い方ではなく、細かいルールや本人が疑問に思ったことを絵で説明するといった感じです。

  10. こばやし より:

    ja12さん、訪問とコメントありがとう。ご家庭それぞれで千差万別ってことが結構分かってきました。
    時々お立ち寄りくださいませ。

  11. ja12c より:

    写真だと具体的すぎるから絵が良いというお子さんもいるし、写真の方がわかりやすいというお子さんもいます。
    世の中ので誰一人同じ人がいないので、子供の好みや認知の仕方も違いがあります。
    ウチの息子の場合は、保育園〜小学校低学年くらいまで絵カード使っていました。
    あとボードメーカー(PCS)というソフトを購入して、そこにない絵カードを自分で描いているといった具合です。
    そのソフトに写真やイラストなど追加して、息子専用の絵カード集になっています。
    スケジュールやブックなどもボードメーカー上で作れますし、エクセルやワードにPCS(イラスト)を貼り付けることもできます。
    http://www.accessint.co.jp/accessstore/

  12. こばやし より:

    例えば、「りんご」でも写真、カラーのイラスト、白黒の線画、とお子さんのその時の認知力でどのタイプの絵が必要かは変わってくるのは、そうなんですが。
    新しい絵カードを親御さんが用意するのは、結構大変な仕事だと思います。パソコンはちょっと使う程度でイラスト描くのは不得意、となると絵カード作るのがお手上げです。
    そんな家庭の手助けになることを目指してます。
    ボードメーカーですね。使ってみたいんだけど、5万円という値段をみていつも躊躇しています。自分で撮ったデジカメ画像の登録機能がとても魅力的に感じていて、だったら供用絵カードも登録できそうなので、買ってしまうのが結果的に低コストかもと思っているこの頃です。