たすくアセスメント 2年目のレポート

シェアする

先日受診した「たすくアセスメント」のレポートが週末に戻ってきました。

約30ページのレポートです。
レポートの内容は
・アセスメント実施データ
・分析内容
・短期的な療育内容の提案 (短期的とは今後1年程度のこと)
が書かれています。
実際のレポートには、ごちゃごちゃと書いてあるので、私としては上述のように構成して欲しいと思ってます。まだ、レポート読み中。
それに加えて、アセスメント時の撮影ビデオがDVD2枚に編集されて、レポートキットに付いてきます。
当日午前中の2時間半で実施したアセスメントの項目が、下記の3ページです。



これらのアセスメント実施データを元に、J☆Skep評点を出しています。
J☆Skepとは「自閉症教育の7つのキーポイン卜と目標」の略であって、自閉症児の能力評価尺度の一つです。7項目7段階評価で構成され、総合的には各項目の平均点を用います。最低は0点、最高は6点。
パンダ君の今年のJskep評点は1.7 (昨年のJskepは0.8でした)。

そして、分析と療育内容の提案が、いっぱい書いてある。
パンダママは一通り読んだけど、私はまだ読み中。
これで終わってしまうと、たくさん書いてあって親の消化不良になるんだけど、月2回のたすく通室で日々の家庭療育内容の指導をもらって来るというのが、今後の流れです。
レポートはコピーして、養護学校の担任の先生にも読んでもらおうと思ってます。

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする