知的障害児向けアプリを学校に導入する前に知っておくべき3つの落とし穴

シェアする

特別支援学校の先生向けに、知的障害児向けアプリの現状をまとめておきましたので、掲示します。

プレゼン資料PDF
プレゼン資料PDF(4 in 1)
この資料はあるご縁により、横浜市中区山手町にある私立の聖坂養護学校の先生方への講演用に作成しましたが、特定の学校に限定してるのではなく、より広く参照してもらうことを念頭に作成しています。
2013年冬バージョンを作成したときは、身近な人から、「内容が難しいよ」と指摘されていたので、今回は難易度は同レベルで説明を丁寧目に作ってみました。先生方からのフィードバックでは、「やや易しかった」と感じた人が私の予想に反して数名いらっしゃったので、まあ適度な難易度レベルに落ち着いてたんだろうなと思います。
今回も日頃思っていることの半分ぐらいを盛り込んでいます。でも、前回よりも辛口にしていますよ。中辛。
学校に導入する前に知っておくべき3つの落とし穴
その1:アプリを使うことが、教育効果に直結しない。
その2:アプリを導入しても先生の負担は軽減しない。
その3:<続きは、資料を見て下さい

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする