本家ピラミッドからPECSアプリがやっと出た。その実力は!

シェアする

ピラミッド教育コンサルティングから、PECSアプリがでました。iPad用です。これまで、PECS III という名前で、絵カードブック上で絵カードの配置はできるアプリはありました。今回のアプリは、文章の作成に対応しています。

スクリーンショットや、アプリ説明を読んだ限りでは、PECSブックの使い方を忠実に再現できそうな内容です。だから、このアプリ「PECS IV+」をリリースするまでに時間を要したんでしょうな。
PECSの思想があって、それをPECSブックアプリに落とし込んでいるので、他の絵カードアプリの味付けとはひと味違いますよ。(スクリーンショットや説明でそれは分かる)
このアプリの味付けは科学的根拠があるが、他のアプリはそれに乏しいと言う所です。

価格が、9,800円ところが、ちょっと衝動買いはしにくいですね。今の時点で私はまだ購入していません。
欧米では、iPadの絵カードVOCAの価格帯は、5,000〜20,000円なので、ビックリする価格ではなく、落ち着いた価格ということになります。
「PECSが出来るようになってから、PECSアプリを使いましょう」と、説明にも書いてあります。
これまで、米国で人気のあった絵カードアプリは、この Proloquo2Go です。現在の価格は, 21,800円。(このアプリの価格は、一万円台で推移)
Proloquo2Go – AssistiveWare

米国での絵カードアプリの勢力図に、真打ちピラミッドが参戦という感じです。

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする