倉敷の知的障害者支援活動の一部を垣間見る

シェアする

「倉敷子育てハンドブック ひとりじゃないよ ~不安を抱えているあなたへ~」http://parent-support-step.strikingly.com/
倉敷のある NPO ペアレント・サポートすてっぷ
が2013年12月に作成した冊子があります。

はじめは、発達障害のお子さんをもつお母さんが作った、そんなお母さんたちのための冊子と思って記事見てたら、、、倉敷市のお母さんなんだぁ!!!というところがビビィーンとつながり、この帰省の時にその冊子を入手してきました。

第1章は、公的支援機関の情報です。特別支援の世界の学校の仕組みやちょっとした専門用語がわかります。
保護者の目で優しく解説してあるところがいいですね。
第2章は、福祉サービスの情報です。子供をスポットで預かってくれるところを中心にした情報です。この情報には地域差が出ます。だから、倉敷だけ。
第3章は、保護者アンケートによる、連れて行っても大丈夫な医療機関のリストとお勧めの外出先です。これも倉敷と周辺情報になります。
こういう情報は、ほんと欲しいよね。時代の流れに沿って、お母さん同士の直接の口コミ関係が少なくなったり、そんな地域情報をまとめる会が弱体化したり、ネット時代になって情報の偏りが出てきたりで、個人情報保護法の影響、、、、まあ理由はなんであれ、そんな情報はなかなか手に入らなくなりました。
1冊500円。
その冊子を販売してくれるところとして、イオン倉敷の2F、中央インフォメーションの隣の「あゆみ」という店があります。このお店では、倉敷市内の知的障害者の施設の人たちが作った商品を扱っています。



年末に店の当番をしていた、お兄さんと、10分ほど、倉敷の施設状況などを教えてもらいました。クッキー類はよく売れるそうです。バターが品薄で少々困ったことも話してくれました。

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする