特別支援教育就学奨励費でiPadを購入(その2:画像データ移行準備)

シェアする

今回は、自閉症君にiPadを使わせるとき、写真やイラストのデータをどのように準備するかについて書くことにします。

自閉症君への支援で一番重要なのは、視覚的な支援でしょう! 絵カードを使ったコミュニケーション、絵カードを使ったスケジュールや時間管理、絵カードを使った社会的なルールの教育、などなど。

パンダ君が高等部1年になったので、特別支援教育就学奨励費で iPad mini 4 を購入しました。iPad mini が届いたのは、5月末でした。それから1ヶ月、もう6月末ですが、いろいろと準備に手こずってます。

前回までの関連記事:

今回の記事の主題は、画像データです。

  1. 我が家でここ4年ほど、ICTでの支援をしなかった理由
  2. 子供に必要な画像データとは
  3. 失敗しない画像データ保管の考え方
  4. 子供のiPadで、画像データを扱う手順

我が家でここ4年ほど、ICTでの支援をしなかった理由

たしか2010年に、voice4u と DropTalk という iPhone アプリが登場しました。自閉症児支援のしゃべる絵カード・アプリですね。当時、我が家のパンダ君はしゃべれないので、絵カードを使ってコミュニケーションをしていて、自作の絵カード・ブックを数セット持っていました。いわゆる PECSブックです。当時のアプリは、1語文のみ。文章を作れないアプリは、はっきり言って使い物になりません。

そこで私は2011年(だったと思う)に、文章が作れる、絵カード・ブックにそっくりのアプリを作りました。「絵カード・コミュニケーション」というiPhoneアプリです。結構人気のアプリになりました。我が家でも、そのアプリを使っていました。パンダ君専用のiPad、私のiPhone、ママのiPhoneに「絵カード・コミュニケーション」アプリを入れていました。もちろん、これまで通り絵カード・ブックも使っていました。

2年後、iPhoneを新しいモデルに買い換えます。Appleファンのご家庭では、2年サイクルでiPhoneを買い換えているのではないでしょうか?

すでに100枚くらいの絵カードデータが入っているアプリを新しい iPhoneやiPadで同じように使えるようにするには、とても面倒なのです。データ移行ができないんです。アプリはデータ移行を想定した作りになっていないのです。もう一度、画像データを入れていけば良いのですが、元画像がない。画像がパソコンの中に散らばって保管されていたり、スマホの中のままだったりして、一箇所にまとまっていません。

中途半端にしか絵カードが入っていないと、パンダ君はアプリを使いません。横に絵カード・ブックがあるんだから、そっちを使います。絵カード・ブックを数セット使っていると、1冊ぐらい絵カード・ブックがなくても、1個ぐらい絵カード・アプリが使えなくても、困りませんよね。私もママも、新しいiPhone, iPadに絵カードを充実させることが、いっこうに進みません。

紙とラミネートフィルムとマジックテープを使った、従来の絵カードは、必要に応じて少しずつ作っていきます。そんな状況が数年続きました。

2015年度(だったかな?)、高等部の生徒は特別支援教育就学奨励費でICT機器を買えるようになりました。

パンダ君が高等部になるまでは、今のままでいっか! 高等部になったら、ICTの支援を再開しよう。と先延ばし ^-^;

そんなこんなで4年が経っていたのです。

子供に必要な画像データとは

ちなみに今回の目標は、PECS IV+ というアプリをパンダ君が家や学校で使えるようになることです。PECS IV+ は絵カード・ブックのアプリで、文章が作れます。iPad版のみで、iPhoneでは使えません。

アプリには通常、はじめっから絵カードのイラストデータがたくさん入っています。(私が以前作った、「絵カード・コミュニケーション」アプリには、イラストがちょっとしか入っていませんけど >_< )

しかしアプリに入っているイラストデータでは、絶対に足りないのです。イラストが千点あっても足りません。一万点あっても足りません。絵カード・ブックでは、必要な絵カードが1個でもないと使い物にならないのです。だから、必要に応じて、家庭や学校で絵カードを増やします。例えば、「じゃがりこ」、「アンパンマン絵本」、「山田商店」の絵カードは、アプリに最初っから入っているわけないですよね。

そこで今回、我が家で作ってきた絵カードの内容を調べてみました。そして、後から使いやすいように独自に分類した結果が、次です。

  • 固有名詞
    • 食べ物・飲み物
    • 外出
    • ロゴ
  • 個別化
    • 家の中
    • 教養
  • 専門
    • 医療

固有名詞はアプリの初期データには入っていません。考えてみれば当然ですよね。先生は入っているけど、鈴木先生は入っていない。クッキーは入っているけど、じゃがりこは入っていない。コンビニは入っているけど、セブンイレブンは入っていない。当然、ロゴは入っていません。

次に必要なのが個別化された画像です。本人がお気に入りのタオル。本人の部屋。などの写真。そして、マッチング、時計学習、書字、プリント、おつり計算、などのお勉強系の写真です。

そして専門系としての医療関係の写真やイラストです。医療関係は、たまにしか使いません。しかし、使うときは一発勝負なんです。病院の受付、待合室、診療室、医療機器、会計などが、病院ごとに必要だったりします。

失敗しない画像データ保管の考え方

もしも絵カードアプリを1年間の限定で使うのだったら、話は簡単です。必要に応じて、子どもが使っているiPadで写真をとったり、iPadのブラウザーで画像検索してiPad内に保存すれば、写真ホルダーに写真やイラストが溜まっていきます。その写真やイラストを使って、アプリ内で絵カードを作れば良いのです。

問題は、

  • 2年後3年後のiPadの買換え
  • 将来、新しいアプリが登場した時の、セットアップ
  • (まれに)誤操作でアプリを削除してしまった時の、再セットアップ

という長期間の対応です。

そのために、子供が使うiPadではない場所に、画像データを保管しておく必要があります。

そしてもう一つ。その画像データを集めてくるのは、お母さんお父さんという家族であること。子供のiPadだけからアクセスできる画像保管庫だったら、面倒ですよ。お母さんやお父さんがいつも使っている、iPhoneやパソコンから画像データを整理できるのがいいですよね。お母さんと父さんがバラバラに画像データを管理していると、数年もたつと訳がわからなくなります。

すなわち、家族内で長期間、一元管理できる、画像データの保管庫が必要になります。

家庭のパソコン? 4年ぐらいで買い換えますよね。

ネット上の写真共有サービス? Fricker, Picasa, LINE, ,,, サービスも流行り廃りがあり安心はできません。

現実解は、1つしかありません。

iCloudの写真共有

です。

  • iCloud上の写真共有ホルダーは、iPad/iPhoneアプリから使えます。
  • ファミリー共有機能があるので、お母さん、お父さん、子供も同じ写真共有ホルダーを使えます。お母さん、お父さんのiPhoneで撮った写真を簡単に、iCloudの写真共有ホルダーにコピーできます。
  • 3,000点の画像を共有保存できます。(iCloudの5GB無料とは、別に)
  • パソコン(Mac, Windows)からも、アクセスができます。
  • 無料です。
  • (いざという時)自分のパソコンにデータを持ってくることができます。

さあ、次章はいよいよ、iPadを使ってiCloudの写真共有のセットアップです。

子供のiPadで、画像データを扱う手順

登場人物は、子供とお父さんとお母さんの3人にしましょう。(子供とお母さんの2人でも構いません)。

子供用に新しいiPadを購入しました。子供用に新しい Apple ID を作成しました。子供用のApple IDを使って、新しいiPadの初期セットアップは終わっているとしましょう。

お父さんは、iPhoneを持っています。お父さん自身のApple IDを使っています。パソコンはMacとWindowsの両方を使っています。

お母さんは、iPhoneを持っています。お母さん自身のApple IDを使っています。

ここまでが前提としましょう。

これからすることは、

  1. ファミリー共有の設定
  2. iCloud写真共有の設定
  3. 共有フォルダーの作成
  4. 共有フォルダーへ、今まで持っている写真をコピーする

(以下での画面コピーは、設定後のものです。悪しからず (^-o)

1)ファミリー共有の設定

それではお父さん(または、お母さん)のiPhoneで始めましょう。

設定画面を開きます。

青色の枠で囲ったところのボタンを推して下さい。

初めは、ファミリー共有から設定していきます。

上の画面コピーでは、すでにママとパンダ君のファミリー共有が終わった状態です。

本当は最初に、家族の代表者=管理者を決めないといけません。そうです、あなたです。まず、あなたがファミリー共有の管理者になりましょう。(説明画像なし)

次にファミリー共有するには、「家族を追加…」のボタンで行います。(その後の説明画像なし)その時に、家族のApple IDが必要です。もし家族のApple IDのパスワードを知っていれば、それを入力すると、直ぐに完了です。パスワードが分からなくても、その本人に招待のメールが送信され、本人がクリックで了承すると、メンバーに加わります。

子供の設定を見てみましょう。

ファミリー共有されると、メンバーは管理者の登録したクレジットカードで、アプリが買えてしまいます。子供が勝手に(誤って)、アプリや楽曲を買わないように、することができます。これは、メンバーが未成年の時だけ指定できるオプションです。

これで、共有の下地ができました。

ここで、パンダ君のiPadではどのように見えているか、見ておきましょう。

設定画面を開いて、ファミリー共有のボタンを押して見ましょう。

こんな感じです。私が管理者で、ママとパンダ君がメンバーになっています。

2)iCloud写真共有の設定

設定を少し戻って、今度は iCloudの設定をします。

iCloudは色んなことに使えます。

でも、今回必要なのは、写真の設定だけです。

iCloud写真共有をONにしましょう。

今、パパのiCloud写真共有ができました。

子供側も同様の設定が必要です。

子供側のiCloudの設定をします。

写真の設定をします。

iCloud写真共有をONにしましょう。

これで、子供側のiCloud写真共有ができました。

お母さんや他の家族がいるときは、同様にみなさん設定して下さい。

3)共有フォルダーの作成

この段階で、自動的に「家族」という写真フォルダーが共有できています。

この「家族」フォルダーに画像をいっぱいいれてしまうと、後で困ります。アプリで画像を取り込む時に、たくさんありすぎて探せないんですね。だから、個別の共有フォルダーを作っておくのをオススメします。フォルダーの構成は、前段で紹介した内容です。

  • N1 人
  • N2 食べ物・飲み物
  • N3 外出
  • N4 ロゴ
  • P1 家の中
  • P2 教養
  • S1 医療
  • C1 あとで分類

分類に迷うこともあるので、「あとで分類」もあったほうがいいでしょうね ^-^;

新しい共有フォルダーの作成は、お父さんのiPhoneからでも、子供のiPadからでも、お母さんのiPhoneからでもできます。(MacやWindowsからでもできます。)

上の画像は、すでにいくつかの共有フォルダーがあって、そこに画像を入れ込んでいるものです。

画面の左上の「+」ボタンを押すと、新しい共有フォルダーを作ることができます。

ただし、フォルダーを作っただけでは、まだ共有されません。フォルダーを作った人が、他の家族を招待して下さい。この招待は、フォルダー1つ1つに対して招待する必要があります。

共有フォルダーを新しく作ったら、忘れないように、家族を招待しましょう。

4)共有フォルダーへ、今まで持っている写真をコピーする

(ここからは、写真の説明が少ないです。>_<)

あなたの場合、今まで持っていた画像(写真、イラスト)はどこにありますか?

パパのiPhoneの中。たった今、子供のiPadで写真を撮ったって?!その場合は、比較的簡単です。iPhoneやiPadの写真アプリで、共有フォルダーにコピーすればOKです。

家庭のパソコンの中に画像(写真、イラスト)が入っている時。

多くの家庭がこのパターンだと思います。

その1)パソコンがMac

Macの場合、Macの写真アプリからしか、iCloudの共有フォルダーにコピーできません。すでに多くの写真が、写真アプリに入っているとしても、結構面倒臭いです。我慢して、少しづつコピーしましょう。

Macのフォルダーに写真が入っている場合、もっと面倒です。写真を直接、iCouldの写真共有フォルダーにコピーすることができないのです。だから、写真を一旦、写真アプリにコピーする。そして、写真アプリを使って、iCouldの写真共有フォルダーにコピーする。という2段階の手順が必要です。

その2)パソコンがWindows

まず、WindowsにiCloudをインストールして下さい。

https://www.apple.com/jp/icloud/setup/pc.html

ここから、ダウンロードできます。

インストールが完了すると、iCould関係のアプリがどっさりインストールされます。

その中から、iCloudフォトを起動します。

このWindowsのiCloudフォト、エクスプローラのような顔をしています。実際、エクスプローラです。でも、かなり使いにくいです。でも、Macで写真を共有フォルダーにコピーするのに比べると、windowsのほうがましでした。

ああ、自閉症君が学校でiPadを使う道のりは、まだ長い!

パンダパパが参加している、自閉症ブログのランキングです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ ←クリックしてください。

←クリックしてください。
パンダくんの励みになります。

シェアする

フォローする